Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月12日(月)

インドから帰国

先週いっぱいインドに出張した。14回目のインドで、今年最後の海外出張。

バンガロールの街で買い物に出たら遭遇したパレード。大道芸人かもしれない。

パレードの先頭を行く人形。人形の被り物です。

ルールサービスエリアで注文したTikka MasalaというチキンカレーとBasmatiという白米。旨いけど辛かった~。Tikkaとは「辛い」という意味だったらしい。インドにおいて「辛い」と銘打たれたらそれは日本人には例外なく超激辛だと思う。

紅葉狩の舞台セットみたい。バンガロールにおいては四季の変化は大きくなくこういう紅葉は珍しい光景らしい。これはショッピングモールの演出です。


バンガロールの街角。リクシャー(三輪タクシー)と道路を渡る軍人たち。

以上
スポンサーサイト
 
11月07日(月)

深センと香港

先週いっぱい仕事で中国は深センに出張した。最寄のハブ空港は香港で、行きは香港からフェリーで深セン入り。帰りは香港までバスで移動し、仕事仲間とプチ香港観光をしてから帰国した。

深セン市内はそそり立つ高層ビル、街路樹の整備された道路、行き交う高級外車。30年前は漁村だったなんて信じられない。政府の一声でそれがあっという間に中国第四の大都市に成長したらしい。

泊まったホテルはThe Ritz Carlton Shenzhen。今まで仕事で泊まったホテルではいちばん豪華だったな。いいホテルでした。


深センフェリー
香港国際空港から深センへフェリーで移動。写真はマカオ行きのフェリー。深セン行きはもっと古くてガタピシ言う感じのやつだった。


ロビー会議
仕事仲間とご飯食べに行く場所を相談中。この日本、イタリア、スウェーデン、ドイツ、ロシア、アメリカ、カナダの集団はこのあと地元のレストランへ行き、その店の冷蔵庫にあった青島ビール全てを飲み尽くすのだった。


誤字看板
「トッピソグ」(笑)。

ケーブルカー乗り場
ビクトリアピークに登るケーブルカー乗り場。

香港の夜景
ビクトリアピークから見下ろす香港の夜景。


調味料
地元のスーパーで嫁さんに頼まれた調味料を探索中。欲しかったやつは見つかったが賞味期限が切れてた。残念無念。

次は12月にインド。
2月シカゴ。
3月ニューヨーク。
 
10月17日(月)

デュッセルドルフ出張

先々週あたり、ドイツのデュッセルドルフに1週間出張した。

自分のスーツケースと仕事機材満載のスーツケースを両手にひいて、仕事、仕事、仕事、の旅行。

奇しくも年に一回のミュンヘンのビールのお祭り、オクトーバーフェストが開催中だったが寄る時間はなし。

IMG_1281.jpg
ホテルから至近のライン河畔の公園。

IMG_1282.jpg
ライン川を行く貨物船。

IMG_1284.jpg
ライン川に浮かぶ船のレストラン。レストランの船か。

IMG_1285.jpg
マクドの「i'm lovin' it」はドイツではちゃんとドイツ語で「ich liebe es」と併記されているのを見た。日本でも日本語で書くべきではないか。私コレ大好き、的なやつ。

IMG_1287.jpg
仕事場所、兼滞在先だったRadisson Blu Scandinavia Dussldorf というホテルの前の景色。ホテルはリノベーション中とのことで、ドリルや何かの音が昼間うるさかったが、ごはんも美味しくいいとこだった。やや天井が低いところが気になったかな。

IMG_1288.jpg
仕事会場にホテルが提供してくれたドリンク。ドイツでは、「水」と言えば炭酸入りが
普通の模様。写真のドリンクのセットには水だけで3種類のボトル=強炭酸水、弱炭酸水、ただの水、が含まれていた。レストランで炭酸なしの水が飲みたいときも、わざわざ「ガスなしの水を」と言わないと、シュワシュワする水が運ばれてくる。
面白いね。

IMG_1292.jpg
これは最終日、仕事が全部終わったときに部屋でこっそり楽しんだビール。
ドイツ語でRauch bier(ラオホビア)、意味はSmoke beer、日本語だと燻製ビールになると思う。ニュルンベルクの方のある地域で特別な製法で作られるビールだそう。味はベーコンをしゃぶしゃぶと浸したビールを飲む感じ。とっっっても旨いです。最高に美味。
以前ニュルンベルク出張で気に入ったことを覚えてくれてた現地の同僚がわざわざ持ってきてくれてました。
コレ日本でも買えるんだろうか。

以上
 
10月01日(土)

世界一周その4

日本→インド→ベルギー→US→日本と西周りで一周、15日間。

インド_道路の牛
道路をふさぐ水牛の大軍。デリーからタージマハルがあるアグラへ車で移動中。

インド_アグラ2
乗客を屋根にも満載したバス。インドでは多分、定員=乗れるだけ。

インド_アグラ街角
見つめあう二人の自転車運送屋と、歩道で髪を切る床屋。

インド_アグラ街角2
「ぺダ」というアグラ地方特有のお菓子を売るお店の兄ちゃん。ヒマそう。

インド_タージマハル
世界遺産、タージマハル。見た目よりずっと巨大です。その昔王様が妻のお墓として建てたもの。インドでは嫁・彼女をまずタージマハルに連れて行けと言われます。

インド_タージマハル2
タージマハルの裏側。寝ころんだり座ってくつろぐ人でいっぱい。

インド_アグラフォート
「アグラフォート」という砦(これまた巨大)から、川向うに臨むタージマハル。晩年、タージマハルを建てた王はお金の使い過ぎで、自分の息子にこのアグラフォートに幽閉され、この美しいタージマハルを眺めながら晩年を過ごしたそう。

ブリュッセル_グランプラス
インドから移動したブリュッセルの世界遺産、グランプラス。美しい。建物の窓や像の一つ一つが凝っていて、見ていて飽きない。
手前のテントは、毎年ここで開催されるベルギービールフェア。偶然にもそのタイミングで1泊滞在でき、ベルギービールを堪能した。その5日後、このベルギービールフェアは六本木ヒルズに移動して開催されたらしい。
http://www.roppongihills.com/events/2011/09/arn_belgybeer2011.html

ブリュッセル_グランプラス2
道行く人が写真撮ってくれました。

ブリュッセル_小便小僧
世界三大がっかり観光物の一つと言われるらしい、小便小僧。確かに目の当たりにしても「これ!?」って感じでした。でも一応見ておかないと。

ブリュッセル_ベルギー王宮
ベルギー王宮。立派です。

ブリュッセル_聖ミカエル教会
聖ミカエル教会。本当に立派です。

ブリュッセル_聖ミカエル教会2
聖ミカエル教会の中。

ベルギー_聖ミカエル教会_ステンドグラス
聖ミカエル教会のステンドグラスの一つ。ひとつひとつが8畳くらいありそうで、それが10個くらいありました。とにかく巨大で、中のもの一つ一つが美術品という感じ。

ブリュッセル_ガルリ・サンチュベール
18世紀だかにできたらしい、セレブの通り。

USグレンビュー_ホテル
USシカゴ(のお隣のグレンビュー)に移動して、ホテルからの景色。のどかです。

以上。
 
08月05日(金)

世界一周4回目。

8/28から9/11の15日間、人生4回目の世界一周出張に行く予定。滞在は5都市。

1.バンガロール(インド)
2.ノイダ(インド)
3.ニューデリー(インド)
4.ブリュッセル (ベルギー)
5.シカゴ(US)

これまではいずれも地球を東回りだったけれど、今回初めて西回り。初めて行くベルギーが楽しみ。やっぱりワッフルを食べなあかんかな。他は何が旨いんだろう。

今回の旅でもうひとつ楽しみなのは、インドで世界遺産タージ・マハルを観に行くこと。12回目の渡印にして初めて観に行く時間を作れた。タージ・マハルを見たことがある人に聞けば、インド人であるなしに関わらず口を揃えて「あれは素晴らしい」と言う。
楽しみだな~。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。