Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2005年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



11月15日(火)

吉例顔見世大歌舞伎<夜の部>

 またしても思い立って先週末に夜の部を見に行った。三等でいいと思っていたのだが、一階が確保できたので二等席にした。演目は以下の4つ。
  • 日向嶋景清
  • 鞍馬山誉鷹
  • 連獅子
  • 大経師昔暦
 「日向嶋景清」は、私がちょっぴり贔屓目の吉右衛門こと松貫四が作った新しいお話とのこと。お父さん(吉右衛門)と娘(芝雀)の切ない別れのお話で、先月の加賀見山旧錦絵に続いてこれまたいい話なんですな。かなり目頭が熱くなった。
 続く「鞍馬山誉鷹」は、富十郎の長男大改め中村鷹之資(6歳)の襲名披露の新作だった。話の内容はともかく、この鷹之資が本当にかわいかった。きっとこれからどんどん活躍していくことでしょう。豪華メンバーの「口上」を見ることができたのも良かった。
 幸四郎+染五郎親子競演の「連獅子」を実は一番の目当てにしていた。あの髪のぶん回しを一度見てみたかったのだ。子染五郎の身のこなしにはとてもキレがあって、若さ溢れる子獅子の雰囲気がよく伝わってきたように感じた。幸四郎は親父らしくのそりのそりとした感じ。髪のぶん回しシーンはやっぱり圧巻だった。花道が見える席で良かったと思った。また他の役者が演じる連獅子も見てみたくなった。
 「大経師昔暦」はストーリーが急展開で面白かった。最後の部分はシリアスな展開なのに何だかコミカルな成り行きで、可笑しくて笑ってしまった。
 次は十二月の夜の部を見に行く予定。