Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

12月 | 2006年01月 | 02月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



01月07日(土)

たのしや うれしや 長唄。

 練習の甲斐あってか、先ほど終わった今日のお稽古で「末広狩(唄)」が上がった。以前は三味線のお稽古で先生が黒髪や末広狩を唄ってくださるのを「自分にはあんな高い声は絶対に出ないだろうな」と思って聴いていたが、何事もチャレンジしてみるもんですな。やり方を教わって練習したら、拙いながらもこうやって長唄を一曲唄えるようになった。この湧き上がる達成感、やりがい。何て素晴らしいことなんだろう。そして何よりお師匠様に感謝。
 さて次に選ばれし曲は、やってきました「越後獅子(三味線)」。以前も書いたが私の好きな唄なので本当に楽しみだ。前に予告されていた元禄花見踊はスキップされた模様。早速、冒頭の5分程のお手本を先生が弾き唄ってくだすったが、いやはや最高でした。早く帰って練習がしたくなった。桜が咲く頃にはこの越後獅子の三味線と唄を終えて、次の曲に取り掛かっていたいな。
 いや~ホント、長唄最高。
 
01月07日(土)

唄い初め

 今日は新年初の長唄のお稽古日。唄い初め、と言っても年が明けてまだ唄っていないという訳ではなく、帰省より戻ってからはちゃんと夜な夜な練習に励んでいる。しかし東京に戻ってきて久々に唄ってみたときのあまりの声の出なさには驚いた。練習はサボれませんな。
 唄の上達ぶりはと言うと、まぁまずまず。最初の唄のお稽古で先生が解説してくだすった声をうまく出すための感覚的な方法(**な感じがグーみたいな)が練習しているうちに幾つか閃くように分かってきてますます練習が楽しい。コブシもちょっぴり廻り始めてきた雰囲気。
 曲はやっぱりこれだよ「末広狩」。この曲とはすっかり長い付き合いになった。唄も三味線もいつまでも忘れそうにない気がする。
 さて練習しよう。