Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

02月 | 2006年03月 | 04月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



03月11日(土)

長唄のお稽古の最近。

 スタバから携帯で書き込み。
**********

 長唄のことをしばらく書いてないが練習はもちろん続けている。2月のお稽古で越後獅子の三味線が終わり、今月から唄が始まっている。唄を教わるのは昨年の末広狩に続いて二曲目だ。
 この越後獅子の唄は、実際唄ってみると聴いていたよりずっと難しい。唄いだしの「打つや太鼓の」の「打つ」がいきなり厳しく、クラッチをいきなりつないで車をホイルスピンで急発進させるような感じで始まる。この唄は三味線のお稽古ですで聴きまくっているので歌詞とメロディはあらかた頭に入っているが、如何せん唄の技術が足らなすぎてまだまだ曲にならない。
 前回のお稽古ではいきなり通して唄ったものの駄目出しをどっさりと貰った。2月に入った頃からこの曲の唄を先行して自主練習していたのだがこれがやや裏目に出たようだ。曲を覚える役には立ったが、唄い方などが幾分間違った方へ進化してしまったようなのだ。未熟者の自主練にはこういうリスクが伴う。しかしお師匠は相変わらずの多忙で、この2月3月合わせてお稽古は2回しかなく、これも致し方ないと言ったところ。前回駄目出しをされている分、4月の次のお稽古までは心置きなくその練習に励める。次の一回で越後獅子は終わりにしよう。
 ところでいろいろ考えた結果、これからしばらくの間は唄のみお稽古付けてもらうことにした。三味線はしばし自主練を続けることにする(リスキーだ)。自分のやりたい曲をやってみようかな。