Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2006年04月 | 06月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



04月27日(木)

ケータイ新調。W43T

 先日ケータイを新調した。auのカシオ製A5406CAを15ヶ月ほど使ったが、電池がもたなくなってきたこともあって東芝製W43Tに機種変更した。ポイント使って\13,000くらい。色は白にした。デザインは悪くない。

 A5406CAはとても使いやすく気に入っていた。細かく設定ができることと見た目や機能のシンプルさのバランスがちょうど良かったように思う。ただ難点はアンテナが外付けだったことと、本体が分厚いことだった。新しいW43Tは厚みが薄くアンテナも内蔵なのでケータイをポケットに入れて持ち歩く私にはぴったり。操作性は、最初はカシオとの差に違和感を感じたが数日経った今はもう慣れてきた。いろいろといじくってみたが、さすがに性能がぐっと向上しているようで操作に処理がさくさくとついてくる。

 ただこの端末でもっとも気に入らない点として、メニューがFlashになっていてカーソルを動かすたびにごちゃごちゃとアニメーションするところ。いくらハードの性能が上がったからといって、そういう見た目だけを意識したくだらないことに色気を出すのは正直言って全くいただけない。このメニューはダウンロードで変更ができるけれど、東芝サイトに用意されているのはコテコテのアニメーションメニューが2つだけ。これからもっとシンプルなのも含めて今後種類が増えていくことを期待する。

 もうひとつイマイチな点はボタン類の押しの軽さ。女性ユーザーを意識してかどうかは知らないが、ボタンの押し心地がA5406CAに比べて随分と軽い。ちょっと指が触れたと思ったくらいでタイプしてしまう。まぁこっちはそのうち慣れるから良いとして、問題はサイドキー。これもとても軽くてすぐに押してしまう。誤って押さないようにサイドキーをロックする機能があるれど、これは本体を畳んでいるときだけにだけ有効なので、特に本体を開く瞬間に本当によくボタンを押してしまう。再度キーなんて頻繁に叩かないのだからもっと押しが堅いスイッチにするか機構的に押しにくくしてほしい。ちなみにA5406CAは機構的に誤って押してしまいにくくなっている。

 WINに関しては、やはり非WINだったこれまでとはまるで通信速度が違いとても速い。快適だ。一度これに慣れてしまった人が非WINの端末を使うことはもうできないだろうな。もうひとつ、このW43Tに載っている日本語辞書がA5406CAのより少し賢くて良い。一番便利だと思うのは、漢字モードで「あいを(1900)」とタイプして変換すると「19:00」が候補に挙がってくれるところ。他社のでこれが当たり前なのかどうか知らないが、A5406CAの辞書にはこれが無かった。なのでこれまでは時刻を打つのがとても億劫で「七時」と漢字で打つことが多かった。ホンのちょっとしたことなのだけれど、こういう差は大きい。

 続く・・・。