Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2007年08月 | 09月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



08月29日(水)

マイ紋付。

20070829214707.jpg 来月のために紋付を作った。本番に間に合うかと少しだけ心配していたけれど無事仕立て上がって来た。ん~いいもんだな~、自分の紋付。何某にも衣装。

 さて、これで道具は揃った。後は芸ですよ!
 やはりお金で買えないものが一番得難いですなぁ。

 
08月28日(火)

雷スゴい!

本当にスゴい。
ついさっき10秒ほど停電した。念のため懐中電灯とラジオを引っ張り出しといた。雷がこんなに近くで連発してるの初めてかも。
桑原桑原。
 
08月27日(月)

無駄遣いだと思う。

 そんなお舟本当に必要???だって1000億円ですよ?1000億円。お金の使い方間違ってると思う。ゼッタイ他に何か誰かのためになるもっといい使い道がその1000億円にはあると思うんだけど。
 
08月24日(金)

出番変更。

 先日ここに九月歌舞伎座の昼の部に出られることになったと書きましたが、急遽いろいろな事情で出番が以下のように変更となりました

変更前:4、5、8、9、14、15、16、25日
 ↓
変更後:5、9、15、16日


万が一ですが、先日の書き込みをご覧になって4日、8日、14日、25日の昼の部のチケットを買ってくださった方がおられましたら、残念ながらその日は私は座っておりません。申し訳ありません。本当にありがとうございます。
 
08月23日(木)

違反キップ。

 スピードは出しません。シートベルトも必ずします。黄色でも止まります。若気の至りのシートベルト違反以来、ここ9年間無事故無違反です。

 昨日自由が丘の小道を車で走行中、警察官に遭遇。手を上げて停められたので何事かと思ったら「あ~、ここ一方通行っスね」「!!・・・キップっスか?」「いかにも」。2点、7000円。ご愁傷様。
sign.jpg
 何が悔しいって、前回の更新時は無事故無違反歴が4年9ヶ月で、ゴールド免許にわずか3ヶ月足らず水色免許になった。待ちに待って、来年の誕生日でやっとこさゴールド免許になるって思ってた矢先の今回のお粗末。ゴールドはまたここから5年後。気が遠くなる・・・。

 先を急いで注意力散漫だったかも知れない。暑さもあったかも知れない。直前に家電屋で買ったプリンター用インクの高さにブツブツと不平を口にしてたかも知れない。でもやっちゃイカンことはやっちゃイカン。反省してます。いい薬でした。

 皆様も日々、安全運転に心掛けましょう。
 
08月22日(水)

ワニさん、カバさん。

 “お国名物は色々あれど"と越後獅子の歌詞にも出てくるけれど、東京に出て来て「お国自慢」的なことを話す機会がぐっと増えた。確かに東京で出会うのはほとんど他県の人なので、最初に話すには地元の話が打ってつけなのだと思う。そうなったときよく話題に上がるのは、国の名産品と方言の話。飛騨がお国の私の場合は名産品に「飛騨牛」、方言では「はんちくたい・ささって・だっしゃもない」などをよく話題に出す。

 いつぞや、そんな流れで珍しい苗字の話になり「私の小学校にはワニさんとカバさんがいた」と話したことがある。これ本当。漢字は、和仁さん、蒲さん。子供時分は違和感なんて全く無かったし、蒲さんに至っては同じクラスに何人かいたくらい地元ではありがちな苗字だった。でも今思えばやっぱり珍しい。

 と、偶然こんなサイト↓を見つけてかなり長い間見入ってしまい、日本の苗字についていろいろと思いを馳せてしまった。なかなか面白いです。日本にはいろんな苗字があるもんだ。 このサイトの「都道府県の特徴的苗字一覧」で岐阜を見ると、ワニさんとカバさんがあった。岐阜県特有らしい。ははぁ、どうりで長良川にはワニやカバが棲んでいるのか(嘘)

 自分の名字を調べてみると、日本に15万人もいるらしい。普段同じ名字の人には滅多に遭遇しないが、まずまずメジャーな苗字みたいだ。特にどの県かに偏らず、全国に分布しているらしい。よくある名字の代表格「鈴木さん」を見てみると、全国に160万人もいるらしいと分かる。なるほど私のケータイ電話帳にも4名いる訳だ。

 「第二表 珍しい苗字(名字)集」をざっと読みすると驚きの連続だ。なんと「神社さん」という名字の方がいらっしゃるらしい。ん~、ヘンなことしたらバチがあたりそう。「善光寺さん」も。

 こうやって見ていると、苗字や名前の意味・字面でその人が背負う何かはゼッタイあるよなぁと実感する。結婚に関しては、夫婦別姓というのがあるので相手の苗字の宿命を無理に背負わなくてもよくなったかもしれない。でも子供にとっての名前は、完全に名付け親のエゴでもって決まるので、それで何か好ましからざるものをその子が背負わされたとしたら可愛そう。自分も将来に我が子に名を付けるときは、とくと考えて決めるとしよう。
 
08月18日(土)

いざ、夢の舞台。

 夏の甲子園がやっている。夢の舞台で勝ち残っている我らが岐阜県代表、大垣日大高の球児たちは今日の第三試合にベスト8がかかっている。応援せにゃならん。

 かく言う私も来月、文字通りの最高の夢の舞台に出させて頂く事になりました。九月歌舞伎座昼の部「村松風二人汐汲」の地方です。

Holy smokes!!

こ、こんなことって・・・と誰より自分が一番驚いている。歴史ある舞台で名だたる先輩方に並び、あのような方々が踊る舞台に参加できるなんて、いやはや光栄の至り。おしょさんはじめその他いろいろとお世話になっている方々に心から感謝しています。

kabukiza_200708.jpg 初めて歌舞伎を見たのが2005年5月。このときの自分のブログを読み返すと本当に懐かしい。そこで見たのは坂東玉三郎の「鷺娘」。これに心底シビれて自分は長唄三味線をやってみようと思った。いろいろな出会いを経て、その鷺娘を唄っていた今のおしょさんに教わることになった。

 つまり来月、二年前に自分をシビれさせた側に自らが参加するということだ。何て畏れ多い・・・。目立たない存在だけれど、自分のため以上にそう言った観客席のお客様のためにと自覚して、心から頑張りたいと思います。汐汲、いい唄です。

 4日、5日、8日、9日、14日、15日、16日、25日の昼の部に参加します。
 
08月07日(火)

31歳になりました。

 8月5日(タクシーの日)、誕生日を迎えました。去年の誕生日に立てた2つの目標は果たされたかどうか。
  • 英会話力アップ(インタビューテスト点数アップ)→果たされず
  • 資格取得→果たされず
ということで何ともいまひとつな三十路の一年目でした。それでも英語は、TOEIC850点あたりをキープできたということでひとまず及第点。資格は、う~ん、今年また挑戦する。

 それとは別に長唄がいろいろとイベント豊富だった。去年12月と今年5月に地方に参加させて頂き、先月はお名前も頂戴した。向こう一年は、名前と経験に負けないよう芸のテクの方を進歩させていかねばならん。

 ところで、誕生日にあまりそぐわない話かも知れないけれど、
元ユニチカガール村上恵梨さんがんで死去
http://www.nikkansports.com/entertainment/p-et-tp0-20070713-226282.html
というニュースを先月見かけた。ファンな訳ではないけれど、彼女は去年の暮れにがんを患い、わずか半年余りの闘病で先月に25歳で亡くなってしまったらしい。驚いたのと同時に、これが誰にとっても無縁のことではないと思ったら急にいろいろと考えてしまった。明日は我が身かも。自分も一日一日を無駄なく楽しく人に優しく、後悔の無いよう生きていかにゃなるまい、と心からそう感じた31歳でありました。