Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2007年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
10月31日(水)

名古屋御園座の会

 10月28日(日)、名古屋御園座であった踊りの会に出させて頂いた。曲は「綱館」と「身替座禅」。
20071031185613.jpg
 今回初めてタテ唄がおしょさんでない舞台だった。リハーサルのテープを予め頂いて聞き込んでいたけれど、やはりなかなかツレを合わせて唄うのが難しかった。特に「綱館」。いくら覚えていても譜面に書いていても、普段耳に馴染んだものとは違う音の流れや間で進行するので、揃わない声を出してしまうのが怖く感じてしまった。それでところどころややボリューム絞り気味になってしまったのがいけない。

 「身替座禅」のツレの部分は節に自由度がそれほどない感じなので、出せるところは思い切って声を出した。終わった後、観客席に来ていた親や知人に「少し唄が聞こえたよ」と言われた。しかしこの演目は舞台で笑いを堪えるのが大変だ。

 今回は前泊させて頂き「名古屋クラウンホテル」に宿を取っていただいた。天然温泉が湧くこのホテルは、実は思い出が深い。大学を出て最初に就職したのが名古屋の会社で、そこで私が宴会の幹事を任されたときはいつもこのホテルの富士の間を使わせて頂いていた。キャパは十分でコストも安い。朝ご飯は富士の間だった。まさかこんな形でまた利用することになるとは。

 楽屋の先輩方にも良くしていただき、唄のお仕事で充実した週末でした。
スポンサーサイト
 
10月01日(月)

明日は入社式。人生の転機。

 密かに、人生の大きな大きな転機が訪れていました。

CIMG4330.jpg 9月30日付けで今の会社を退職することが兼ねてより決まっていた。これは会社側の都合。どうも台所事情がキビしいようだ。発表は寝耳に水の出来事だったけれど、まぁ仕方ない。いい経験をさせてもらったし、未練は全くない。

 その後ここには書かなかったけれど、30歳というこの時期に会社を辞めることになって、さて次をどうしようといろいろと考えた。中途採用の転職活動をしながらも、中学卒業後ずーっと進み続けてきたエンジニアの道から、この頃俄かに視界に入ってきた厳しくももっと華やかな道にグイッと舵を切ることも考えた。ド真剣に考えた。

 でもそれはできず、やっぱり今の自分はエンジニアということに腹をくくり、内定を貰ったいくつかの会社から一つを選んだ。大学卒業してから伝統的日本企業、伝統的アメリカ企業と体験してきたが、前者の方が自分にはずっと水が合うことがはっきりしたので、次に選んだのは日本企業。ニッポン万歳。幸い勤務地は今のところからとても近いので引っ越すことはない。

 明日(日付が変わって今日)、新しい会社の初出勤日。楽しみだ。

 しかし何はともあれ、会社が変わっても唄は辞めない。それどころか名前も頂いて紋付も誂えた。先週はおしょさんに舞台の袴を2本もプレゼントしていただき、今週末は芝居が2つもある。いよいよこちらも面白くなってきている。

 30代も慌しくなって参りましたよ。本当に幸せなことで。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。