Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2007年11月 | 12月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



11月27日(火)

十二月歌舞伎座「信濃路紅葉鬼揃」

 十二月の歌舞伎座昼の部「信濃路紅葉鬼揃」に22日、23日の2日間出させて頂けることになった。とても嬉しくて、有難たいこと。さすがに連休とあってチケットはもう完売の様子。これまた非常に身が引き締まる想い。

 先週から急いで覚えている最中。これがとても長い一曲でかなり覚え甲斐があります。兄弟子に倣って、芝居に出させて頂くときは手書きの譜面を作ることにしている。作曲者のオリジナルの譜面を見つつおしょさんのテープを聴きながら研精会譜で書いている。手書きすると、アレンジが入ってオリジナルと変わっていたりする部分もすぐに分かるし、結局こうした方が覚えるのも早い気がする。ただ自分の字の下手さ加減に気が滅入るけれど。

 頭はクリスマスより芝居ですな。がんばります。
 
11月24日(土)

草野球した。MVPに選ばれた。

 先月入社した今の会社には野球部がある。今シーズンの最終戦に人が足らない、と今朝の試合への参加を誘われたので、喜んで参加してきた。野球をするとすぐに人と打ち解けられるのがいいな~。
ガス橋グランド
朝日を浴びる朝7:15のガス橋グランド


 今朝の試合開始は8時。集合は7時半で、平日の会社より早い。それで今朝がまたべらぼうに寒く、6時半に起きて布団から出るときは絶望的な気分だった。それでもグランドに来てみると空は快晴でかなりいい気分。

 この日はサードを守った。草野球ではサードはよく玉が飛んでくる。右バッターがジャストミートで引っ張った高速打球がちょくちょく飛んで来るので、ピッチャーが一球を投げる毎に中腰に構えてカカトをあげて、打者に集中しないといけない。何十回も繰り返すのでこれが結構堪える。そうかと思っていると、打ち損ねのボテボテ打球もよく転がって来て、それをアウトにするために猛然とダッシュして玉を取ってすぐさま一塁に放らないといけない。これも結構堪える。

 久々に野球をやったら筋肉とか反射神経とか、普段使わないでいるものをいろいろ使ってるな~という感じがした。どうも身体が鈍ってきてるのでいい刺激になった。明日(か明後日)筋肉痛に苦しむのも、ま運動した感があっていいかも。

 結果は19対2で快勝。打撃は5打数4安打でいい感じ。守備もまずまずで、イチバンにグランドに来た心構えも買われて今日のMVPに選ばれた。賞を貰うってのは、どんなものでも嬉しいもんだ。
 
11月20日(火)

「聞香」体験

先日、向島の百花園というお座敷で「聞香」を体験した。
香の会といって、お座敷で10人くらいが輪になって座り、香道という作法に則って、順を伏せていくつか回される香炉に入った香木の順番を当てる、といった感じのもの。お招きありがとう御座いました。

会にはテーマが決められていてこの日は「黒髪」。床の間に「黒髪」という題の生け花が飾られたお座敷で、まずは会主が踊る地唄「黒髪」の上方舞を皆で楽しむ。食事を頂き、その後に香の会が開かれた。

お香は三種類あり、香元によって黒髪の歌詞にある「黒髪」、「片袖」、「夜」を思わせる香木が選ばれている。香炉が自分に回ってきたら、作法に則りそれを鼻に近づけ、黒髪かな~、片袖かな~、夜かな~と心を無にして香りに「聞く」。参加者は筆で紙に出てきた順番を書いておき、最後に香元が三つ回した香の順を読み上げて、当たったかどうかが分かる。

会が終わる頃には部屋中が香木のいい香りに包まれていい気分でした。これを日本人は何百年も続けてきたらしい。良い体験をした。

聞香ハマりました。また参加させて頂くことにしよう。
 
11月20日(火)

迷う。。。

日帰り出張で常磐線取手行き快速に乗っている。

目の前に足を組んで座っている品の良さそうな30くらいの女性がいる。でもどうしてか分からない。左足には黒い平たいスエードの靴なのに、右足がベージュのナイキのスニーカーなんです。しかも恥ずかしそうな素振りは全く無くて堂々と座っている。居眠りなんてしちゃってる。

本当に謎。不思議な光景。なんで?ドッキリか(古)?

これはそっと言ってあげるべきか。。。それとも今どきファッションか何かなんだろうか。。。謎は深まる一方。気付いてないなら言ってあげたい。

ん~悩ましい。
 
11月01日(木)

たまゆら会

 浅草公会堂で行われた、吉村流上方舞の会「たまゆら会」を先週土曜に見に行った。会主はお友達のお友達、吉村ゆらさん。お招きありがとうございました。

 時間を間違えて一時間早く着いてしまい、最前列に座らせていただきました。席はお座敷に座布団で、舞台との距離は1mくらい。踊り手さんの足運び、指の動き、表情、目線までじっくり見えるほど近かった。踊るのは一人ずつ。唄は一曲10分くらいで、綺麗に着飾った女性の皆さんがしっとりと踊られました。

 地方は、三味線の弾き唄いがお一人と笛がお一人。地方の方の唄に注目したりもした。高い声をか細く出す、ああいう感じってうまくできないんだよな~と思いつつ。

 会場は少し暗めで、伽羅の御香が焚かれていい雰囲気。江戸時代にでもいるかのような感覚になりました。プログラムも頂いた手土産も、手が込んでいて女性らしいとても可愛いらしいものでした。いい会でした。
 
11月01日(木)

業務連絡:携帯電話が会社です。

よくやることですが、本日携帯電話をオフィスに忘れて帰ってきてしましました。電話、メールの返信できませんので悪しからず。
22時までのメール見ておりますが、それ以降は明日の朝8時に見ます。