Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2008年11月 | 12月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



11月27日(木)

ワシントンDC出張

仕事の話。

来週、ワシントンDCに出張することになった。
各国の企業が集まる国際会議に参加する、という仕事。
夏にかましたTOEIC905点がこのチャンスをもたらしたのに違いない。
これは大変名誉な仕事だと思う。
いや~、やりました。

指示を受けた際、「わかりました」と顔は涼しく答えながらも
内心は「ぐっふっふっふっという感じ。

whitehouse

ただ、成田からワシントンDCまでは直通で13時間もかかる。
13時間ですよ。同じ椅子に13時間も座り続けるんですよ。
アメリカ大陸4度目だけれど、20代までの13時間とは身も心も堪え方が違う。
当然、平社員にはビジネスクラスなどあてがわれるはずもない。
(前の会社は平でもビジネスに座れた。だから今株価が3ドルになった。)
それでもプレミアムエコノミーというやや広い席に座ってよいとの温情が下った。
良かった。
しかもお宿は一泊2万5000円のシングルがあてがわれました。ぐっふっふ。

仕事は2日、移動に2日、+予備に1日で、トータル5日の行程。
来週の現地の天気予報を調べてみた。
到着する日は晴時々曇、最高気温4度、最低気温マイナス1度とある。
地元並みに寒いらしい。カイロと股引が必要そうだ。

予備日が一日あるので時間があれば観光してこよう。
せっかくワシントンDCに行くのだからホワイトハウス、
これは見物してこないといけない。
オバマ氏に会えたら「日本をよろしく頼むぜよ」と挨拶してきます。
また近くには、吾等が祖国に原子爆弾を投下した
B-29「エノラ・ゲイ号」を展示するスミソニアン博物館がある。
これを見ないで日本に帰ることはできまい。
果たしてそのエノラ・ゲイの説明パネルにはどう書いてあるんだろう。
多少なりとも反省の色があることを期待したい。

しかし何はともあれ仕事が第一。
いい成果を出したい。
自分にしかできないことをやってやりたいね~。
 
11月11日(火)

お点前やりました。

先月中ごろ、会社の文化祭があった。裏千家茶道部は毎年この機会に社員を相手にお茶会をやっている。

そこでお点前する部員は、まだ文化祭で亭主経験の無い者の中から8人が選ばれるとのことで、僕にも声が掛かった。

夏はお芝居の練習で休みがちだったし、何よりその月末には国立劇場での発表会が控えていたので、実はお断りしたかった。自信も無かった。でも人に期待をされてしまうとどうもがんばっちゃうタイプなので、そう思いながらも引き受けてしまった。

やるとなれば本気です。

で、当日は無事にお点前を終えることができました。着流しで御無礼。
お点前

終わってみればいい経験だった。頭ではほとんど緊張してないつもりなんだけれど、お茶をすくう茶杓がプルプルっと震えていました。体は正直ですな~。

練習しているときに思ったけれど、人前でお点前しているときに頭の中で「茶碗をあれして・・・次は柄杓でこれして・・・」なんてプロセスを考えているようじゃぜんぜん務まらなそうだ思った。唄と同じで。
覚えるべきことは頭じゃなくて体が覚えていて、本番ではそれを体現するときに少し頭を使ってその場をより良くしようとする、みたいな感じがいいんだと思う。

とにかく茶道も中々に面白い。
 
11月07日(金)

熱海温泉

しばらくぶりなので、溜まったイベントを振り返って書いていくことにする。

~~~~~~~~~~~~~~~

8月末に大学の友人ら5人で熱海温泉に行った。

土曜に一泊するだけの短い旅行だし、連中と久々に会ってバカ話するだけでいいと思っていて特にスケジュールなどは決めないつもりでいた。

しかし我々はメタボ対策を日々考えねばならん歳になりつつある。

ということで僕の提案で、熱海の展望台と言われる「岩戸山(標高約 730m)」の頂上までみんなで登ってから宿に行くことになった。

土曜。朝までざんざん降りだった雨は奇跡的に止んで、1時間ほどのハイキングコースを歩いて岩戸山の頂上まで登ってきた。

岩戸山

この晩のビールと料理の旨いこと。温泉もそりゃー気持ちよかった。

翌日。宿の近くに熱海の見番があり、芸妓さん達が我々のような観光客向けに踊りを披露してくれているとのことなので、さっそく皆を引っ張って見に行った。茶菓がついて1300円。リーズナブルだ。観客席は満席だった。

熱海見番

芸妓さん達は皆すてきでした。
 「俺はあの白い着物のヒトがええわ~」 
 「いやいや、その左やろ~」
と、男らしく盛り上がりました。

たった一泊の短い旅行だったけれど本当に楽しい時間をすごした。しばらく会っていなくても、会った途端に学生気分に戻ってしまえるのがいい。次はまた来年か、再来年か。