Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2011年07月 | 08月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月29日(金)

男と女の違い

カウンセラーの知人が研修で面白い話を聞いたと教えてくれた。

~~~~~
男が家に帰ると、玄関に嫁が来る。彼女は天井の電球が切れているのを指差して、不機嫌そうにこう言う。
「あなた、この電球を取り換えてって前からお願いしてるのに、ちっともやってくれないじゃない。」と。
さぁあなた(男)はどう対応しますか?
~~~~~

「ごめんね」と伝え、脚立を持ってきてすぐに電球を交換する、というのが僕の答え。
男にすれば、この対応こそが期待されてると考えるのは普通だと思う。

ところが、その研修によれば大方の女性の期待は男のそんな対応ではないらしい。女性の皆さんやっぱりそうですか?

男が、そこの女心をいかに理解してあげられるかが、結婚生活をうまくやるひとつのコツらしい。その男女の根本的な違いを知らないがゆえに関係に悩む夫婦は沢山あるらしい。

面白い。勉強になった。
スポンサーサイト
 
07月27日(水)

中国の電車事故

恐ろしい事故だね。ニュースで聞けば聞くほど出来の悪い電車らしい。

今回事故を起こした電車は抗州ー上海間を走っている。3月に抗州に出張したとき、場合によっては自分も乗ったかも知れなかった路線です。怖いです。

11月、今度は中国の深センに出張する予定がある。絶対電車にだけは乗らないでおこう。
 
07月25日(月)

盆踊りいろいろ

昨日、近所の小学校の校庭で夏祭りがあった。露店でフランクフルトを食って、盆踊りを踊った。

盆踊りは、あの深く考えないでお囃子に乗って踊っているのがなんとも言えず心地いい。

いろいろな音頭が流れた。名前は知らないけど定番の「つっきが~、出った出った~♪」はすっと踊れた。アラレちゃん音頭もやった。Dr.スランプって知ってる小学生いたんだろうか。でもうちらが小さい頃、見たことないけどQちゃん音頭踊ったっけな。

参ったのは「ビューティフルサンデー」が流れたこと。お手本を踊る浴衣のおばちゃん達が手を腰に当ててお尻をフリフリ。これも盆踊りなの!?

とにかく夏を満喫した。もう1回くらいどこかの夏祭り出かけるかな。
 
07月21日(木)

プロジェクトマネージャ講習

プロジェクトマネージャ講習を受講中。

かなり面白い。今まで方法論無しで、人まねと経験を頼りにやってきたけど、やっぱり確立された手法を勉強すると、理屈が分かって面白い。

自分は世界をマタにかけるプロジェクトマネージメントのエキスパートを目指す。そう決めた。
 
07月20日(水)

身に付けたい七つの習慣

勝間和代さんが、オンライン版の朝日新聞(asahi.com)に今年3月頃に書いたこのコラムを夕べ偶然見つけた。

なるほどなと思ったので引用させて頂きます。「致命的な七つの習慣」と「身に付けたい七つの習慣」。

面白いと思うのはこれらを「習慣」であるとしていること。性格の問題とも思ったけれど、習慣として身に付けるという考えもあるんだね。

「文句を言う」とか耳が痛い。批判はやっぱりあかんよなー。でも傾聴した上で、批判すべきところは批判して、その後を支援すればいいかな。
仕事のみならず家においても、ちょっと意識してみたい。



『致命的な七つの習慣』
相手に対して
〈1〉批判する〈2〉責める〈3〉罰する〈4〉脅す〈5〉文句を言う〈6〉ガミガミ言う〈7〉目先の褒美で釣る

『身に付けたい七つの習慣』
相手に対して
〈1〉傾聴する〈2〉支援する〈3〉励ます〈4〉尊敬する〈5〉信頼する〈6〉受容する〈7〉意見の違いを交渉する
 
07月19日(火)

あさぎ会で蜘蛛拍子舞を唄う


9日(土)、浅草の草津亭で毎年恒例の浴衣会、あさぎ会があり、蜘蛛拍子舞を唄わせていただいた。いろいろ直したいところはたくさんあるのだけれど、とにかく悔いなく全力で唄えてよかった。

いちばんの課題は自然でキレイな高音を出すことだな。過去を振り返るとちゃんと出せていた時期もあったような気がするんだけどな。でも今日できてても明日できなくなったりするんだよな。
しばらくいろいろ試行錯誤してみたい。

しかし写真見ると唄ってる最中にどうも左肩だけがイカってるみたいだ。これも直そう。

今年、自分にとって6回目の浴衣会なので、長唄を教わり始めて丸6年経ったということになる。あれからもう6年も経った。当時は扇子一本持ったことすらなかったな~。でもあさぎ会には今年90歳になられたという女性が元気に出ておられる。ということは、自分もあと55年は唄えるかもしれないってことか。先は長いなー。

さて蜘蛛拍子舞の次は、今月海老蔵さんの復活舞台でもやられてる勧進帳を覚えようかなと思う。CD で初めて聴いた長唄がこの曲。イントロのあの寄せの合方を聴いて、カッコいい!と思ったから長唄を選んだ。しかもその初めて聴いた勧進帳を唄っておられたのが先代のご宗家、14代目杵屋六左衛門であったことも含めて、自分にとってとても思い入れのある唄です。
 
07月05日(火)

リキみ

どーしてリキんじゃうんだろうか。
唄うときの話。

リキんで喉のへんにスッと力が入ったが最後、もう唄ってる最中にそれのリキみを解くのは不可能でとことんリキんでダメダメモードに入ってくって頭じゃよーく分かってるんだよなー。分かってんだけど身体がイマイチ分かってないらしい。

拍子舞の蜘蛛のとこと、大薩摩んとこと、イ行で張るとこ、この辺を気を付けたい。
 
07月04日(月)

今日からサマータイム

今いつもより一時間前倒しで出社中。

5時起きはちと早いけど、いつもより涼しくていいね~。

おまけに駅も電車もガラ空き。普通に座れちゃう。

しかも定時は4時上がり。4時過ぎから飲めちまう

悪くないね~サマータイム。
 
07月01日(金)

加治屋百合子さん


昨日の朝のNHKニュースでこの人が紹介された。アメリカンバレエシアター(ABT )で唯一の日本人であり、日本人で初めて主役に抜擢されたらしい。7/22、23にABTの日本公演がありそこでドンキホーテの主役をやるらしい。観てみたいな~。

ジャンプが物凄い、とNHKで映像で紹介されていたが写真で見たらよく分かった。足が180度以上になっちゃってる!!

激しいトレーニングも、その後で得られる踊る喜びの方がずっと大きいので辛いと思ったことはない、と言っていた。そう思えるって素晴らしい。自分もそうありたいし、息子にもそう思えるようになってほしいな。

しかし輝いてる人だな~。外見のキレイさだけじゃなくて何かこう内から湧き出る輝きみたいなものがあるように感じる。

こんな風に活躍してる日本人がいるって嬉しいし、心から応援したい。
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。