Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2011年11月 | 12月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -



11月30日(水)

スーツケース新調

旅行用のスーツケースを新調した。サンコー鞄製、スーパーライトマグネシウムというやつ。

ここ数年海外出張が多い中、ずーっと昔にドンキホーテで買った格安スーツケースを使い続けてきたが、この夏くらいからハンドルが壊れていた。

リモワのサルサや、ゼロハリバートンの軽いやつと最後まで悩んだけれど、あれらの柔らかくファスナーでふたをするスーツケースは今一つ心許ないと感じていた。唄の紋付きを運ぶのに自分もひとつあの手の小さいスーツケースを持っているが、ある雨の日ファスナーから水が中に染みて、紋付きを濡らしたことがあった。

そういうこともあって、今回吟味した結果、サンコー鞄のフレーム付きでガチャっとふたをするこのバッグを選ぶに至った。リモワに比べれば少しだけ重いが、これはこれでビックリするほど軽い。そして車輪がとても大きくて、ガタガタ道やヨーロッパの石畳もスムーズに進んでくれそう。

明後日納品予定で、今週末からのインド出張で使えそう。楽しみ。
 
11月18日(金)

宇治抹茶入りコーヒー


ジャケ買いして飲んでみた。

。。。マズっ!!

これぜんぜん美味しくないよー。ジョージアさんちゃんと味見した!?好奇心刺激して一人一本売れればいいや的商売でしょコレ。

2回目買う人はまず居まい。
 
11月17日(木)

電動トーマスのクレームの件


9月のシカゴ出張のとき、スーパーマンマーケットのTargetできかんしゃトーマスのおもちゃを買った。木製のレールの上を電池で動く「Battery Powered Thomas」という写真のおもちゃ。

それが帰国して1週間ほど経ったある日突然壊れた。レールをトコトコと走っていたトーマスが俺と息子の見てる目の前ではたと止まったっきり、スイッチを押しても電池を入れ替えても動かなくなった。

製造元、LearningCurve社のサイトを見ると「90日保証」と書いてある。サポート窓口に状況を説明し交換か返金を期待する旨、メールを書いた。

1週間経ったが返事が来ない。またメールを書いた。

それでも返事は来ない。試しにTargetに同じメールを書いてみた。すぐに返事が来た「我々は喜んで返金に応じます。買ったTargetストア(@シカゴ)に持ち込んでください」と言う。そりゃ無理だ。ダメ押しで先週末もういっぺんLearningCurve社にメールを書いた。

すると今日、先方から電話があった日本の代理店経由で交換させて頂きますと。イイネー♪新しいのが届いたとき、子供の喜ぶ顔が見るのが楽しみになった。

地に落ちかけたLearningCurve社の信用はすんでのところで保たれました。良かった。また買いましょう。木製レールのきかんしゃトーマスはこの会社のしかないんだよ。
 
11月16日(水)

Android2.2から2.3

使っているスマホ、auのIS05のメジャーアップデートが先週配布された。これでOSがAndroid2.2から2.3になった。

体感速度がとっても向上した。以前のモッサリ感がかなり改善してる。auのメールアプリも使いやすくなってる。カメラの撮影も素早くなってる。以前のカメラアプリの操作感の悪さは使ってて呆れるほどひどかった。シャッター押しても撮れるんだか撮れないんだか分からなかった。それがサクッと撮れるようになってる。イイネー。

スマホ1台6万円とか言って2年契約縛りもさせてる中、やっぱり売り切り放置はないよなー。こういう風な既存機種のアップデートには大変感心できる。auとSHARP、イイネー。
 
11月13日(日)

公園


くつろぎ中。
 
11月08日(火)

長崎ぶらぶら節

香港からの帰りの飛行機で映画「長崎ぶらぶら節」を観た。全体的にはとても面白かった。

主人公の丸山の芸妓愛八は、吉永小百合。素晴らしかった。この人は最高の女優だと思う。一方、相手役の渡哲也は、んー、男前なのは間違いないんたけど。後で読んだあらすじによればこの古賀先生は学者肌のキャラだったらしのだけど、それは見てて感じなかった。二人が添い寝するシーンのやり取りもそれと知ってやっと府に落ちた気がした。

それを差し引いても、芸者さんの生活ぶりとかお稽古風景とかが垣間見えて、いろいろ興味深くて面白かった。やっぱりお稽古と言えば越後獅子なんだー、とか。土俵入り!?そんなことしたりするんだー、とか。

映画の中でこの愛八の唄声をやられたのは、よく知られた方なんでしようか?とても品のある綺麗な唄声でした。もういっぺん聞いてみたいな。

コレ観るのオススメです。
 
11月07日(月)

深センと香港

先週いっぱい仕事で中国は深センに出張した。最寄のハブ空港は香港で、行きは香港からフェリーで深セン入り。帰りは香港までバスで移動し、仕事仲間とプチ香港観光をしてから帰国した。

深セン市内はそそり立つ高層ビル、街路樹の整備された道路、行き交う高級外車。30年前は漁村だったなんて信じられない。政府の一声でそれがあっという間に中国第四の大都市に成長したらしい。

泊まったホテルはThe Ritz Carlton Shenzhen。今まで仕事で泊まったホテルではいちばん豪華だったな。いいホテルでした。


深センフェリー
香港国際空港から深センへフェリーで移動。写真はマカオ行きのフェリー。深セン行きはもっと古くてガタピシ言う感じのやつだった。


ロビー会議
仕事仲間とご飯食べに行く場所を相談中。この日本、イタリア、スウェーデン、ドイツ、ロシア、アメリカ、カナダの集団はこのあと地元のレストランへ行き、その店の冷蔵庫にあった青島ビール全てを飲み尽くすのだった。


誤字看板
「トッピソグ」(笑)。

ケーブルカー乗り場
ビクトリアピークに登るケーブルカー乗り場。

香港の夜景
ビクトリアピークから見下ろす香港の夜景。


調味料
地元のスーパーで嫁さんに頼まれた調味料を探索中。欲しかったやつは見つかったが賞味期限が切れてた。残念無念。

次は12月にインド。
2月シカゴ。
3月ニューヨーク。