Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月11日(月)

ビリヤード:月例会3位

 第二土曜の昨日は行きつけのビリヤード場ニコスの月例会だった。結果は16人中3位。近頃練習時間が少なかったわりに玉はよく入った。
 負けた相手はこの日の優勝者で、先月くらいからニコスへ来るようになったA級のAさん。この人はハンバでなく上手い。今日のこの人とのプレイで自分との大きな差を一つ痛感した。それはブレイクショットで何らかの玉をポケットできる確立だ。見ているとこの日のAさんのブレイクはだいたい7割くらいの確立で何らかの玉をポケットさせている。私はだいたい4割くらいだっただろうか。この差は大きい。上手い相手とプレイすると、こちらがミスって相手の番になってから再び自分の撞く機会がやって来るまでが非常に長い。5分や10分、1マスや2マスは当たり前に待たされる。なのでとにかく自分の番を少しでも長い間キープするためにはこの確立をもっと上げなくてはならない。何よりも「マスワリ」するためにはブレイクで玉を入れんことには始まらんのである。
 この差が生まれる理由はもう分かっている。ブレイク時に1番ボールがサイドポケットに落ちるよう手球をコントロールできているか否かである。皆さんご存知でしたか?ブレイクショットは、力任せに撞いて並べられたボールを散らかしているだけではなく、ちゃんと玉を落とそうと狙って撞いているんです。もしCS放送などでプロのビリヤードの試合を見る機会があったら、ブレイク時の1番ボールの行方に注目してみてください。かなりの確立でサイドポケットに入っているはずです。
 これが今後の課題の一つ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

3位おめでとう!
ブレイクで①番ボールを落とすのって、
結構難しいよね?
実は今日、トーナメントに行ってきたんだけど、
今まで気にもしなかった自分のブレイク時の①番ボールの行方を観察してみたら、確かにサイドに向かっていた。でも、入らないんだけどねf^^)
私の今のブレイクは、昔、お店の人に教えてもらったやり方で、「このやり方だと①番ボールがサイドに入りやすくなるよ」って言ってたのを思い出したよ。
なるほど。(なぜ今まで気づかなかったのか・・)
私の今の課題はまずネクストをとることなんだけど、そのうち、ブレイクで落とせるように、ちょっと研究してみようかな?

 

どうも。
結構どころか、超難しいと思う。厚みだけを意識してると全開で撞けないし、全開にすると狙ったとおりにキューが出ないし。しかもブレイク練習するのってラックがけっこう面倒だったりするんだよね。噂ではラックの代わりに電話帳を置いて練習するといいらしいよ。

 

ラックの代わりに電話帳???ハローページとか? へぇ~。初耳!!
最近は、全然ブレイクの練習をしてないんだけど、ブレイクの練習ってほんと、ラックが面倒だよね。
しかも、ブレイクしてまたラックを組んで・・また散らかして・・・ってやってるのがなんだか空しく感じたり・・←私だけかな(^^;
でも、私が昔やってたブレイクの練習はただ、たくさん散らかすだけの練習だったけど、厚みを狙ってブレイクするのはやっぱ、至難の技だね?!
玉突きは奥が深いね~・・・。
だから楽しいのかな?

 

yasuんとこの電話帳に十分な厚さがあったかがちょっと心配だな~。4cmくらいはないと玉が飛んでいくかも。

そう、簡単にはできないことこそ楽しいんだと私は思う。

 

御もっとも f ^^)・・・ってちょっと!!
ま~確かに2センチくらいしかないわ。
反論のしようがない。
とりあえず、電話帳が使えない私は、せっせとラックを組んで練習に励みます。
ちなみに、また今日もトーナメントです。
行けれればいいんだけど・・・。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。