Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

03月 | 2017年04月 | 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -



07月10日(日)

テレビは逝ったふり

 先日「テレビ逝く」と我が家で唯一の映像装置である液晶テレビ兼モニタが壊れたことを書いたが、何てことはない、電源アダプタが抜けていただけであった。まったく人騒がせなテレビである。危うく、先日イオンから1万台限定発売されてあっという間に売り切れた10万円の32型液晶テレビを、会社を休んで買いに行くところだった。しかし壊れて調べて初めて知ったのだが、この液晶モニタのメーカーの保証はかなり手厚く感心させられたので、紹介しておこう。
 メーカは「アイ・オー・データ(I-O DATA)」。家電メーカーではなくパソコン関連製品メーカーである。私が使っているのは「LCD-TV173CBR」というTVチューナ搭載の17インチ液晶ディスプレイだが、このメーカーの全液晶ディスプレイに適用される保証の内容は
  • メーカー保証3年間(バックライト・パネルは対象外)
  • 修理期間中は同等製品を無償貸し出し(購入後1年以内は無料。それ以降は3000円)
となっている。液晶モニタは購入後1年半経っているので「保証は1年に違いない」思い込んでいた私は壊れた(と思った)瞬間かなり憤慨したのだが、これなら安心だ。この製品のテレビ機能の性能・画質は、今の国内メーカーの液晶テレビにはちょっと及ばないが、価格と保証は合格点である。
とにかくこれで名古屋場所初日を家でゆっくり見ることができるという訳で、ひと安心である。
魁皇はどうなのよ、千代大海はどうなのよ。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment