Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月27日(水)

今場所の朝青龍。

 名古屋場所の優勝はやはりこの男、横綱朝青龍であった。これで今年6場所のうち4場所を優勝してしまい、連続優勝も5になった。無敵だ。
yokozuna.jpg

 しかし朝青龍の今場所の優勝成績は13勝2敗で、千秋楽を待たずして優勝を決め全勝だった先場所とは少し違う。優勝を決めた千秋楽の花道では「やった~、長かった~」「はぁ~良かった~」「苦しかった」とらしくも無いことを言ったらしい。今場所は彼自身が一番楽勝ではなかったと感じていたんだろうな。この苦戦が来場所以降の彼の心の持ちようにかなりプラスに働いたことは間違いなく、前人未到の年間全6場所優勝もますます現実味を帯びてきたように思う。「平成の大横綱」と人々に記憶されようとしていた男がつまらぬことで全国チャンネルで醜態を晒したが為に、もしかしたら10年後にそう呼ばれているのはこのモンゴル人になるかもしれない。
 さて、今年に入って実はまだたったの1敗しかしていなかった朝青龍に今場所は2人もの力士が土をつけた。千秋楽まで優勝争いをした小結琴欧州(ブルガリア出身)、そして平幕黒海(グルジア出身)である・・・二人ともヨーロッパ人かよっ!!とツっこまざるを得ません。一体どこの国の国技なんでしょうね。モンゴル人とブルガリア人が優勝争いをしている千秋楽に熱狂できんのは無理もないってもんだ。とにかく日本人力士にはもうちょっと張り切ってもらわないと困る。
  • 平成17年名古屋場所星取表
    http://sports.yahoo.co.jp/sumo/200507/hoshi_maku.html
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

モンゴリアン

強すぎやな・・(゚Д゚;)
日本人力士で上位にいってほしいのが片山かな。四股だけで観客を沸かせれるのはすげーよ。

 

大関栃東は、朝青龍戦はいつもいい勝負するけど、1場所通して成績残せないからなぁ。

その他日本人力士だと、垣添の綺麗な仕切りが好きです。

 

片山は確かに。かつていた、ただ塩をたっぷり放って沸かせる力士とは違うな。>KICK
今年朝青龍に最初に黒星を付けたあの栃東の寄り倒しの一番はアツかった。まだまだ頑張ってほしいね。>simot
仕切りで言えば、雅山のあのテキトーでめんどくさそうな仕切りが何となく私は気になっています。悪い、というより、雅山が土俵にあがると妙に仕切りに注目してしまい「あー、やっぱり今日もめんどくさそうだった」と思ってしまう。本当にテキトー。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。