Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
09月15日(木)

長唄三味線のお稽古。二回目。

 長唄三味線の二回目のお稽古に行った。
 実際に曲を稽古するのは今回が初めてだ。私の三味線は入院中なので弾く練習を家では全くできなかったが、二棹あったうちの壊れて弾けないほうの三味線で、前回教わった構え方や撥の打ち方は復習しておいた。お陰で今回はすぐに曲の練習を始めることができた。よし。
 まずは手本として「宵は待ち」を先生が唄いながら弾いてくれた。ななななんと素晴らしい唄声。いけないと思いながらもつい唄に聞き入ってしまった。続いて私のお稽古が、曲の頭からどんどん進んでいった。曲の1/4まで進んだところで今日は終わり。あっと言う間の集中した30分だった。しかし課題は山積み。
  • 右手はあまり問題にならなったが、やはり糸を押さえる位置の勘がまったく掴めない。これは練習を積んで慣れるより他ない。
  • 糸の押さえ方と指使いに、直さなきゃならないギターのクセがいくつかあった。今のうちに意識して直していこう。
  • 今日は爪を切り忘れた。これには参った。弾けないほどではなかったが稽古の間中気になって仕方が無かった。次回からは注意しよう。
  • 次回までにはこの「宵は待ち」を家でしこたま練習して、譜面を見ながらでも終わりまで弾けるようになってやろうと思う。家で自分で練習できることを貴重な先生とのお稽古の時間にやるのはもったいない。
 修理が終わった三味線を取りに行くのは明後日の朝。うーむ、待ちきれぬ。それにしてもこの湧き上がるやりがいはいったい何なんだろう。本当に楽しくて仕方が無い。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

待ちわびた二度目の稽古。
充実していたようですね♪
そっか、先生の三味線には、譜尺が貼っていないですよね。
子供の頃、三味線に勘所の位置を示した長い紙を貼っていたことを思い出しました。

ギターを弾いていた方は、手首を返さず、
手のひらの内側を棹に付けたまま弾いてしまうみたいですね。
でも、うちの師匠もロック青年だったようですが、
ギターを弾いていた人は飲み込みが早く、あっという間に上達するらしいですよ。
映画「オーバードライブ」の主人公もギターを弾いていたらしく、
すぐに津軽三味線を習得してしまったようです。
TAKAさんもすぐに上達しますよ。

明日土曜日に三味線が出来上がってくるのが、
楽しみですね~。
今週末は稽古三昧ですか。
私もTAKAさんを見習って練習しようっと♪

 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 

>河童さん
そうそう、ギターのくせで手のひらを上に向けて糸を押さえてしまうんですよ。もっと手のひらの右に向ける感じなんですよね。それから、糸を押さえるのに薬指を多用してしまうってのも直さないといけないんですよ。なかなか思うようにはいきませんね。

三味線は金曜日の夜に出来上がってきました。家でさっそく弾いてますが、もう楽しくって。これからは寝る間も惜しんで弾き倒します。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。