Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

04月 | 2017年05月 | 06月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
11月29日(火)

男泣きにもらい泣き。

 もう先週の話だが、横綱朝青龍はやはりやってのけた。年間六場所制覇、七場所連続優勝、年間最多84勝。もう文句を付ける隙のない最強横綱だ。
 14日目に大関魁皇を寄り切ってこの記録を達成したとき、朝青龍は土俵に崩れるように片ヒザを付いたが、そんなの朝青龍は見たことが無い。そして振り返って今場所限りで引退する木村庄之助から勝ち名乗りを受けたときに彼が泣いていたのを皆さんご覧になりましたか?これはもらい泣きせずにいられなかった。本当に感動したし、とてもかっこよかった。・・・まずい、朝青龍ファンになっちゃったかも。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

『ああ播磨灘』

『ああ播磨灘』と言う漫画をご存知だろうか?
主人公である「播磨灘」は、朝青龍と共通する点がいくつかある。
連載していた当時は、「こんな横綱出るわけ無いじゃん」と思っていたが、実際に出てきてしまった。
驚きである。

http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%82%E3%81%82%E6%92%AD%E7%A3%A8%E7%81%98

 

名前は知ってましたが内容は知りませんでした。相撲の漫画だったのですか。折を見て読んでみますよ。

琴欧州に先を行かれてしまった愛知県の琴光喜をもっと応援してやってください。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。