Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月10日(土)

十二月大歌舞伎<夜の部>

 十二月大歌舞伎の夜の部を歌舞伎座へ見に行った。今回は初めての一等席だ。
 まずは一等席の感想。
 開放感に満ち溢れている。自分と舞台を遮るものは一切無く、天井もとても高い。オペラグラスを覗かなくても役者の表情がわかる。いろんな意味で舞台がとても近くて、上の階の席より舞台からもっとダイレクトにたくさんことが伝わってくる感じがした。同じ一階でも二等席とはぜんぜん雰囲気が違う。値段の高さもうなずける。とは言えやっぱり高い。この先、一等席は年に1回くらいにしておこう。
 お話は3つ。
  • 恋女房染分手綱 重の井
    母と子の親子愛の話。とても感動した。またしても目頭が熱くなった。福助演じる母・重の井の、再開した我が子を手放しで可愛がりたい、でも立場上出来ないというジレンマが表情やしぐさの変化からよーく伝わってきた。一等席万歳。子役の児太郎くんの演技も良かった。
  • 船弁慶
    これが今回の最大のお目当て。
    長唄に興味を持ち始めた私が本物を聴いてみようと今年の5月に初めて歌舞伎座に来て、そのとき私を心の芯から感動させたのがこの三味線カツクニ+唄ナオキチのデュオによる玉三郎の「鷺娘」だった。それが今回また見られたのである。やはり良かった。シビれました。カッコ良すぎ。今は自分が唄をやっているので特に唄い手たちに注目していたが、唄い手の個性が感じられるようになってきて面白いと思った。
  • 松浦の太鼓
    これはいい話だった。あの忠臣蔵で討ち入りされた吉良家の屋敷のお隣の殿様のお話。その殿様を演じるのは勘三郎。この人は本当に面白い演技をする。コミカルさを演出するのが上手いのだと思う。主役の一人の赤穂浪士が、討ち入りが無事成功したときの様子をその殿様に生き生きと語って聞かせるクライマックスのところでは、殿様といっしょにこちらまでその忠義に感動して熱くなってきた。私も含めて日本人は昔からこの忠臣蔵の話が大好きなのだなと感じた。
 ユネスコ世界無形文化遺産に歌舞伎が登録されたのは喜ばしいことだ。でも日本人以外に忠臣蔵の熱さってのは分からんのだろうなぁと思う。

 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。