Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2017年07月 | 08月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月23日(月)

綱取り期待。大関栃東

 平成十八年初場所はご存知の通り、大関栃東が優勝した。素晴らしい。千秋楽で横綱に投げ勝ったときは感動した。一昨年平成十六年の九月場所で魁皇が優勝して以来、七場所ぶりの日本人力士の優勝だ。しばらく朝青龍が賜杯を手にする姿ばかりを見続けてきたので、今場所の表彰式は何だか新鮮な感じがした。その場で見れていられたらよかったな。カッコよかった。

 さて、私と同い年のこの江戸っ子大関に、来場所は横綱昇進が懸かることになった。よく考えればあの貴乃花以来の日本人横綱か。これは応援せねばならん。横審は十二勝以上での優勝が目安と言っている。でも十二勝じゃ優勝はキビしいだろうと思う。何と言っても去年、通年十四勝一敗のアベレージを記録した朝青龍がいるのだ。このモンゴル人横綱は今場所怪我で四敗もしてしまっているので、来場所はそうとう鼻息を荒くしてくるに違いない。さらに、同じくモンゴル人の関脇白鵬にも来場所ひそかに大関昇進が懸かっている。彼はきっと、近頃やたらとCMに出まくっている後輩ガイジン力士琴欧州に先を越されて焦っているので、かなり大関昇進に意気込んでいるに違いない。またその大関琴欧州にも要注意だ。「夷敵討つべし!」の様相である。ますます栃東を応援せねば。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。