Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年03月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月25日(水)

新春大歌舞伎<昼の部>

kabuki-0601d.jpg
 今年初の歌舞伎を見てきた。中村雁治郎改め坂田藤十郎襲名披露の歌舞伎座新春大歌舞伎、昼の部。席は3B。演目は次の5つ。
  • 鶴寿千歳
    舞踊の舞台。新春らしい感じ。筝曲連中を初めて見た。
  • 夕霧名残の正月
    坂田藤十郎を初めて目にした。ちょっと声が遠い気がした。話の内容はあまり深く印象に残らなかった・・・。
  • 奥州安達原
    この日いちばん面白いお話だった。こういう歴史のワンシーンのような演目が私は好きなのかもしれない。そしてまたしても不幸な女性の役だった福助の演技が良くて、感動して目頭が熱くなった。もうかなり福助贔屓になってきた。お話の途中に福助が三味線を弾くシーンがあってそれがまたよかった。
  • 万才
    舞踊。竹本連中ってのもこのとき初めて見た。竹本といったら浄瑠璃一人、三味線一人が舞台上手からどんでん返しで矢庭に現れて、ストーリーを語っていくあのスタイルだけなのかと思っていた。この義太夫の三味線は長唄のとは随分と違った音がするものだと改めて思った。こっちはこっちで心地いい音だ。
  • 曽根崎心中
    この題名、昔教科書に出てきたような気がする。
    このお話を私はどうも好きになれなかった。最後の一幕で、いざ心中と曽根崎の森のシーンになってからの展開が本当に長くて待ちくたびれてしまった。仕舞いには、いよいよ心中なのかと思いきや、心中しそうなところで幕が降りるという具合。何だか煮え切らない感じ。
 歌舞伎鑑賞の機会を重ねるうちに、私にもいよいよ自分の好き嫌いや良し悪しを感じる基準が備わって来たようだと今回見て思った。
 来月は夜の部を二等席で見る予定。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。