Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
01月29日(日)

16ビートの撥さばき。

 長唄のお稽古の近況。
 今は「越後獅子」の三味線をお稽古中。この曲には、これまで習った曲には無かった本格的な合方(三味線ソロ)があってかなり弾き甲斐がある。初めて練習したときはあまりの難しさに不安になったが、今週あたり何とか拙いながらも全体を通して弾けるようになってきた。悪くない進捗だ。

 この曲のいちばんの困難はやはり「晒しの合方」で、壁が二つあった。
 一つ目は、撥で糸を"叩いて掬う"を16ビートで連発する「チリチリチリチリ」。1/4拍でも「チリ」単発なら何とかできたが、それがチリチリチリチリと連発になってくると「リ」ですくう撥がどうも糸につっかかってしまっていた。もう一つは、同じく16ビートで2回続けて叩く「チチ」。この合方のテンポの1/4拍で撥を2回続けて打つってのが速すぎてなかなかできなかった。今週になってやっとこのへんをうまくやるコツを掴めてきた。一つはリキむなってことなんだけれど。

 来週一週間は完成度を高めることに集中しよう。この調子で2月半ばには三味線を終えて唄のお稽古に入りたい。浜唄のフレーズ、難しそうだな・・・。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

TAKAさんは、本当にコツを掴むの上手ですね。
リズムが速くなるとつい力んじゃいますよね。
小鼓も速いテンポになるとついつい力が入っちゃいます。
けれど、力が入っちゃうと速いテンポには付いていけないのですよね。
手首の力を抜けば自然と手が回ってどんな(?)テンポでも付いていけるようになるんですよね。

チリチリチリ・・・あれが綺麗に決まるとカッコいいですよね。頑張れo(^ ^)o

 

ありがとうございます。
力を抜くってことと、どうやって少しだけ力を入れるかがだんだん分かってきました。でもぜんぜんまだまだですよ。そしてやっぱり先生の前に行ったらきっと緊張してまたリキんじゃうんだろうと思います。

晒しの合方、カッコいいですよね。
いつかはサラサラっと弾けるようになりたいもんです。今は弾けてもドタバタ弾いてるって感じです。

 

のっていますね!

越後獅子って、後半は全部三味線の聴かせどころ、みたいなすごい曲ですね。
CD聴いていると「うわ早っ!」とびっくりしてしまいます。

これが弾けるようになったら、嬉しいだろうな。
もしかしたら、TAKAさんのおさらい会での演目になるのでは?

 

いよいよのってきました。
越後獅子、ほんと楽しいです。まだまだドタバタですけれど。弾き甲斐あります。

お浚い会がある夏までには、なんとかあと3曲くらいできたらいいなと思ってますし、しかも唄か三味線かもこれから決めねばならんのですよ。まだ何とも分かりません。
でも越後獅子は大好きです。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。