Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月10日(金)

ヤッターマンを見る。

 「Yahoo!動画」というサービスがYahoo!Japanにある。先日何の気なしにそれを覗いてみたところ、タイムボカンシリーズの「ヤッターマン」が何話か無料で配信されていた。ヤッターマンは私が保育園の頃大好きで、あまりの懐かしさにうれしくなり一話見てみた。

 期待に違わず、これは20年以上経った今見ても本当に面白かった。こりゃ傑作中の傑作だ。

 このとき私が見たのは、やや新しい時期のヤッターマンだった。メカは仔犬型の「ヤッターワン」ではなく「ヤッターキング」という3台のメカを格納できる大型の犬型メカで、私が見た回でドロンボーたちを懲らしめたのはそのヤッターキングに格納されている「ヤッターパンダ+コパンダ」だった。

 このアニメにはお決まりのセリフがいろいろとあって、どれを聞いても本当に懐かしくて良かった。変身前のヤッターマン二人の「もしかして」「もしかすると」「もしかするわ」とか、ドロンジョ+ボヤッキー&トンズラの「やっておしまい!」「アラホラサッサ!」とか。ほかには、ナレーターの「説明しよう」、ドクロベーの「お仕置きだべ~」。ボヤッキーの「ぽちっとな」なんて名セリフだな。でもやっぱり極めつけはヤッターマンが登場するときの「ヤッターマンがいる限りこの世に悪は栄えない!」、これを聞いたときは感動すら覚えた。なんてピュアなんだろう。美しい。今はもう失われてしまった何かをこのアニメに見たような気がした。

 今の子供はいったいどんなテレビを見て育ってんだろう。ヤッターマンを見なさい、ヤッターマンを。最高だよこれ、ほんと。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

なつかすぃね~

俺も観てたよ。
ヤッターマンのはじめと終わりの歌は今でも空で歌える。

俺的には、ボヤッキーの「今週のビックリドッキリメカ、発進!」も大好きだった。
その時に出てくるメカがいったいどんなことをやらかすのかが楽しみだったなぁ。
あと、ドロンジョたちがやられてロボットが爆発する間際に、なんちゃら豚が出てきて言う「豚もおだてりゃ木に上る」とか、おろ株が出てきて言う「お・ろ・か、ブ」とか、妙に頭に残ってる。

しかし、ヤッターマンというと、一緒に「まんが日本昔話」を思い出すのは俺だけか?

 

懐かしいな。
歌は、初代の「ワンと吼えりゃ、ワンツースリー」なら歌えそう。今回見たやつは2代目の歌であれじゃなかったよ。終わりの歌も「頭は冴えてるよ、へいへへ~い」じゃ無かった。

「まんが日本昔話」もよく見たな。
タイムボカンシリーズはヤッターマンのあとに「ゼンダマン」なるやつがあったようやが、キャラも内容も全く覚えてない。なんでやろうな。その後(?)のイッパツマンやらウラシマンは覚えとるけれど。
いや懐かしい。

 

まんが日本昔話は子供に是非見せたいね。
あれもヤッターマン同様、良いアニメや。

ゼンダマンは俺も覚えとらんなぁ。
それだけヤッターマンがパンチの効いたアニメだったっちゅうことか。

「アイデアばっちりよ、へいへへ~い」
いやいや懐かしい。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。