Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

10月 | 2017年03月 | 11月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月29日(水)

タイでのある日。

屋台
 二日目の行動。この日は朝の10時くらいにホテルから最寄のモノレールのチョンノンシー駅まで20分ほど歩いた。気温は30度どころじゃなくかなり暑かった。右は通りがかりにあった花輪の露天。花のいい匂いがした。
チャオプラヤー・エクスプレス
 BTSでそこから二駅行くと終点のサパーン・タクシン駅に着く。この駅の名前、今まさにバンコク市民の怒りの槍玉にあがっているタクシン首相と何か関係があるのだろうか。この駅はチャオプラヤー川というバンコクを南北に流れる大きな川の脇にあり船着場が隣接している。そこからチャオプラヤー・エクスプレスという船に乗って川を北上した。写真はそのチャオプラヤーエクスプレス。名前はカッコいいが別に豪奢な船ではない。
チャオプラヤー川
 ちなみにご覧の通り川の水はとっても汚い。本気で汚い。下水処理はあまり発達していないようだ。この黄土色の水がこのまま海に注がれるのかと思うと何とも胸が痛む。何とかしたいと思うが手の施しようは無い。それでもこの川のほとりはブルジョワな地区らしく、名立たるブランドのホテルがいくつも聳え立っていた。
 船で30分ほど行くと川の西側に最初の目的地「ワット・アルン」が見えてきた。中央の建物の表面は、右の写真のようにレリーフとカラフルな陶器が散りばめられていてとても綺麗だった。
ワット・アルンワット・アルン2
寝た仏陀
 続いてワット・アルンのちょうど対岸にある「ワット・ポー」というお寺を見に行った。このとても大きなお寺のある建物の中に左の写真のような変わった仏様がいる。御身の丈100mくらいの横たわってニンマリ微笑んでいる金色の仏様だ。これはすごかった。実はこの建物自体も一見に値する。この大きなお堂の壁一面にはタタミ一畳くらいのいろいろな絵がびっしりと描いてあり、これもまたすごかった。いい仕事してます。
ワット・ポー
 右もワット・ポー。この寺は本当に広かった。建物の多くはカラフルで綺麗だ。そしていたるところにいろいろな石像が立っていて見ていて飽きない。これらタイのお寺のルーツも日本と同じ仏教のはずなのだけれど、日本のお寺とは随分と雰囲気が違う。
 さてこの寺を出たところで、現地人と初めてまともにコミュニケーションをするちょっとしたイベントが起こった。つづく・・・
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

日本のお寺って不気味な感じがするけど、タイのお寺は綺麗なんやなぁ。
寺で行われるであろういろんな儀式も、見てみたい気がしてくる。

 

写真を見るだけでも、色とりどりでにぎやかな美術の数々、圧倒されますね!
タイで刺激を受けて、また日本に帰ると再発見があったりして・・・。
旅をすると、自分の軸が少しきりっと立つような気がします。

 

>hiro
日本の寺は、ま不気味とまで言わずとも、確かに一人で夜中に行きたくはない感じかな。あちらの寺は全体的に明るくて派手な感じがした。暗さあまり無い。仏像もどこか「ニマッ」としてたよ。

>nanoさん
バンコクに行ったら、東京の空気と水道水も決して捨てたモンじゃじゃないってことに気が付きましたよ。ホントに。
旅はいいですよね。いろいろな非日常を味わえることが私は好きですよ。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。