Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2017年08月 | 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月14日(月)

歌うときの

 何ヶ月か前、友達と飲んでいたら私が習っている唄の話になった。そのとき一人(♀)が「日本の歌を習うと鼻の穴が大きくなるらしい。だから私は絶対に習いたくない。」というようなちょっと面白いことを真顔で言った。北島三郎がいい例らしい。

 先日テレビで歌う天童よしみを見ていてふとその「鼻の穴」論を思い出し、彼女の鼻の動きに注目してみた。すると確かにぴくっぴくっと動いている。特に声を大きく伸ばしたときなどにそうだった。自分はどうかと思い鏡を見ながら唄ってみるが特にそういうことはない。この違いはなんだ?と思った。

 いろいろ唄いながら鼻の穴を吟味してみてひとつ分かったことは、唄っている最中に私は無意識に喉と鼻をつなぐ道を塞いだ(鼻の奥をフタしている)状態で唄っているということ。以前から歌声が鼻にこもっている、と言われていたがどうやらこの状態が深く関係していそうだと気づいた。鼻の奥をフタしないことを意識して、むしろ喉と鼻の道を全開にしようとしながら唄うと、特に高い声が鼻にこもらずいい感じに声が出てるような気がした。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。