Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
03月20日(木)

桜に恋。

先日、お香の会に参加したときのこと。その日の香のテーマは“桜”で、お香の先生が桜についてのこんなお話をしてくれた。

「昔ある外国人が、日本人は桜に恋をしているようだ、と言った」

日本人はこの季節になると、一体桜はいつ咲くだろうか、今か今かと浮き足立って気もそぞろになる。誰かと話をすれば必ず桜のことが口に出る。そして一度桜が咲いたらば、今度は花見の日の天気は大丈夫だろうか、雨が降り風が吹けば花が散ってしまいやしないだろうかと心配する。

これがまさに好きになってしまった異性に恋い焦がれているときと同じ感覚だと言う。

「いっそ桜なんて無ければこんなに思い悩むことなど無いのに」と伊勢物語で誰かが歌を詠むけれど、「いっそあの人となんて知り合わなければ、、、」と想ってしまう心境とやはり同じでしょうとのお話。

あ~、桜が咲くのが待ち遠しい。青空に満開の桜を早く見たい。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

「いっそあの人となんて知り合わなければ、、、」その気持ち、よく分かります!!つらい恋愛は苦手でした、だからお気軽円満型恋愛を選んでいました。たかさんは、積極てきなのかしら・・・恋愛について!?

 

>オリーブさん
僕は恋愛については消極的ではないはずなんですが、、、まだいい縁に恵まれていないんでしょうね。

それより唄に関して、あまりの自分のダメさに「いっそ唄になんて巡り会わなければ・・・」と練習していて嘆きたくなることがしばしばです。それでも止められないのはやっぱり好きだからでしょうね。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。