Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
08月27日(金)

レーシックしますか?

メガネをしてた会社の同僚がまた一人、レーシックで裸眼生活を手に入れた。

レーシック、するか・しまいか。

別の同僚の辛口の嫁さん、曰く「レーシックしない人は、上がると分かってる株を買わないでいるオロカ者である」

言わんや最近レーシックは10万円程度で受けられるので、コンタクトレンズ+ケア用品のコストがおいおいそれを上回るのは明らかである。だからコストは問題ではない。

安全性の問題か。とにかく失明は困る。考えただけで空恐ろしい。手術中に地震が来ても大丈夫なんだろうか。インドのように毎日停電のある国もあるが、停電しても手術は続けられるのか。我々技術者は「100%」が有り得ないことだと知っている。
でもはたしてその失敗確率は恐れるに値するのだろうか。歩いていて落雷に会うような程度の確率のなのであれば、レーシックの失敗よりも他に心配すべき事象がたくさんありそうだ。

最後はやっぱりこれか「めんどくさい」。そう俺はめんどくさがりだ。レーシックは実施前に何日か医者に通って検査が必要らしい。これがいかにもめんどくさそう。毎晩小さなカップに保存液を満たし両目のコンタクトを外す行為の方がずっとめんどくさかろう、という声が聞こえてきそうだ。確かにコンタクトはめんどくさい。今日初めて、これから毎日コンタクトを使えと言われたのであれば問答無用でレーシックなのだろうが、自分とってのコンタクトのめんどくささにはもう13年の歴史がある。もはや特別な行為ではないのである。

と、何はともあれこうしてレーシックする・しないを考えているうちに電車が駅に着き、まぁまた折を見て考えるか、となるのであった。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

レーシックですか[e:3]


レーシックの手術

以前のトーク番組で川嶋なおみさんが
レーシックの手術を受けて世界が変わった
何でもっと早くに手術しなかったんだろう…ってお話しされてて
手術も何か…ここを見て下さい!とか言われて光を見る様な…簡単みたいなお話しされてましたね!
同僚の辛口の奥さんと同じ様な事言ってましたよ
それにしても…辛口な奥さん、例えがウケる

そうは言っても…目ですからね
本当100%って事は有り得ないわけで…

手術にかかる費用も10万円程度
以前は保険の適用外でしたが最近では適用になるみたいだから費用はそう心配ないんだけど…目ですからね

えっ
インドで手術されるんですか
私なら日本で病院、執刀医重視ですかね

 

>慈乃さん
川島なおみさんがそんなこと言ってましたか。やっぱり受けない手はないかなー。どうしてもっと早くにやらなかったんだってきっと自分も思うよなぁ。

でもどうしてこんなに尻込みもしちゃうんだろうか。

しかしやるにしたらもちろんニッポンです。インドでの医療行為はちと遠慮したいです。誤解のないように文章直しときました

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。