FC2ブログ
 
Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2018年10月 | 11月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
12月07日(火)

南座顔見世 「阿国歌舞伎夢華」

長唄のお師匠さまからあり得ないチャンスをいただき、南座の顔見世「阿国歌舞伎夢華」に2日間出させていただいた。最高の経験だった。思いっきり唄った。

芝居の出させていただくということは、恐ろしいことです。
たくさんのお客様が観劇にいらっしゃっていて、役者さんや裏方さんやたくさんの関係者がその舞台の成功のために尽くしていて、自分もその一部分を担うことになる。これは恐怖です。しかもその表舞台に立つ(座る)わけで、自分の何かのミスが舞台の失敗につながり兼ねない。これは日常他では絶対に味わえない恐怖。舞台で何かヘマをする自分をふと妄想してしまい、凍りつくような身震いをすることが本当にある。この恐怖を思うと唄もがっちり覚えないではいられない。

そして、この2日間を無事に終えて南座の外に出たときに感じる達成感と安堵感は、他の何にも例えようがない。

この体験をさせてもらえる自分は本当に幸せだ。

これは自分の人生にとっての一大イベント。準備も含めてとても大変なことなのだけれど、これを経験している自分は、経験していない自分に比べて、ずっと芯が太く、一発勝負に強い人間になれていると思う。会社でやるプレゼンや外人との会議も、やり直しも笑って誤魔化しもない芝居の舞台に比べたら何のことはないと思える。

次のチャンスがもしあったらばまた張り切って取り組みたい。
改めて本当に長唄やってて良かったなぁと思う。

minamiza
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

知りたい

「阿国歌舞伎夢華」にご出演だったとのこと、何よりでしたね。
さて、私は今月の昼の部を4回拝見しました。そして、あの唄の歌詞をどうしても知りたいのですけれど、耳で聞いても断片的にしか聞き取れなくてとても残念です。なんとか教えていただく方法はないでしょうか。

 

>歌舞伎ファンさん
コメントありがとうございます。

阿国歌舞伎夢華いい唄ですよ。歌詞は、三味線屋さんなどで「阿国歌舞伎」と「元禄花見踊」の譜面をお買い求めになり、筋書きの説明をたどれば把握できると思いますよ。
もしわからない部分があれば気軽にメール下さい。

 

有難うございました。

お返事有難うございました。
私は片田舎に住んでいるので、お教えいただいた譜面等をすぐに入手できませんが、心がけておきます。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。