Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

08月 | 2017年09月 | 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
07月18日(水)

減塩、必要?

最近、家族で減塩に取り組んでいたけれど、ふと「なぜ減塩が必要なのか」この理屈が知りたくなりwebでいろいろ調べてみた。

調べてみた結果、

・減塩が高血圧者の血圧を下げる
ことは確からしい
・減塩が将来の高血圧を“予防”する、というデータはどうもあまり無さそう
・減塩を過度に行うと身体に悪影響を及ぼすこともあるしい

といった情報が見つかった。驚いた。果たして本当に減塩は必要なのだろうか。必要だとすればなぜ必要なのだろうか。特になぜ“今”必要なのだろうか。
ある文献によれば、生物の塩に対する欲求は大変強く、それを無理に抑えることは、それはそれでストレスになるらしい。

でも近所の診療所にはやっぱり減塩の必要性を謳うポスターが張ってある。

本当のところどうなんです?

減塩は必要なのだろうか。しなくていいなら、正直したくないね。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

何事も適度に

塩は人間にとってとても大切なものです。
塩はナトリウムイオンと塩化物イオン。これらの電解質は人体で調整を取られています。筋肉と言うのは、マイナスイオンとプラスイオンが細胞膜を出入りする事によって起こる電気によって動いています。この電解質がアンバランスになると、筋肉が動かなくなったり、極端に収縮してしまったりしてしまいます。
人体は自然に微量電解質を調整しようと働いています。
確かにナトリウムを過剰摂取すると高血圧を招いてしまいますが、反対に身体からナトリウムが無くなってしまうと大変な事になってしまいます。
腎臓病などで、ナトリウム調整機能を失った場合と違って、健康な場合は、自然に体内のナトリウムを調整する働きを持っているのでナトリウム摂取を過剰に控える必要はないと思います。
機械も使いすぎると壊れてしまう。それと同じで、人体も使いすぎると壊れて行きます。つまり老化です。
身体に思いやりなく、その機能に甘え放題でいると老化を早めてしまう事もありますし、老化どころか壊してしまう事もあります。
普段、どれくらいの「塩」を摂取しているか分かりませんが、必要以上に減塩する必要はないと思います。
また、この季節は汗をかいて塩を喪失する機会が多いです。どちらかというと、塩を摂取しなければならない季節ですし、何事もほどほどだと思います。

 

Re: 何事も適度に

>fuyusunさん
コメントに気づかないでおりましたーm(__)m
ご教授ありがとうございます。やはり何事もほどほどに、がいちばんなのですね。
あれからまた何度か塩について調べておりますが、やはり健常者が殊更減塩に取り組むことにあまり意味はなさそうだと僕も感じております。
身体に良いものを美味しく、ほどほどに頂いていこうと思います(^-^)

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。