Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2017年10月 | 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
02月19日(土)

「祭」論考

先日、日本の「祭」について知人と意見を交わすことがあった。祭に対する自分の考えを整理することができた良い機会だった。そこでの私の意見をここに残すことにする。

都会よりも地方のほうが祭りへの取組みが熱心なのではないか?との問いに対して。
============
確かに祭りは地方のほうが一生懸命だと思う。
岐阜の飛騨でも、祭りの日の自分の役目(例えば獅子舞とか竜笛とか雅楽隊とか)に合わせて、人々は数ヶ月前から夜な夜な公民館に集まって練習している。彼らにとってはこれはもう損得勘定や何かとは全く次元の違うことで、心の中から沸いてくるように自然に取り組んでいる。そして何百年も続いているこれを後世に残そうとしてる。しかも誇りを持って。私は中学卒業以降、地元を離れてしまったのでそういう祭りへの取組みには全く参加したことがないのだけれど、就職してからのある年に地元へ祭りを見に帰省していてふと、そういう彼らの取組みに自分が参加できないでいることが強烈に惜しく思えてきたことがあった。高校大学の頃なんて全く気にも留めなかったのだが。今でもずっと惜しいと思っている。

20050221235501.jpg
古川祭り「越し太鼓」(私の出身地の祭)


飛騨市観光ガイド
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 

古川祭りですね。
あれは素敵な祭りですたいね。

 

またぜひ。

ええ、まったくそうですたいね。
ぜひまた観に行こうではないか。

 

はじめまして

はじめまして。
今日が初のコメントです。
TAKAさんは俺のこと知ってると思うが・・・

 

もちろん存じ上げていますよ。

ご無沙汰しております。お元気ですか?
今年の古川祭りは帰ることができず残念です。東京に来ることがあれば必ず連絡ください。名古屋ですら迷子になる方向音痴のY兄はきっと道に迷うでしょうから。私が帰省したときは顔見に行きますので。Kiyo婆も元気ですか?よろしくお伝えください。
またいつでも書き込みにきてください。

 

よろしくお願いします

はい東京に行くときには連絡をいれます。
もう迷うのはごめんです。

 

TAKAさんGWにわ帰省できそうですか?

 

GW

今は岐阜の友人のところへ遊びに来ています。国府の獅子舞も久々に見たいところですが、今回は帰省は見送ることにしました。お盆休みには帰りますのでその時は。

 
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。