Translation
プロフィール

たか

  • 生年月日:1976/8/5
  • 仕事:研究開発
  • 座右の銘:思い立ったが吉日

カレンダー
プルダウン 降順 昇順 年別

05月 | 2017年06月 | 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -



--月--日(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
 
04月10日(日)

鎌倉 花見で再び

突然の陽気で、関東地方では一斉に桜が咲き花見日和の週末だった。
私の関東に移り住んで最初の花見は鎌倉となった。前回同様、藤沢駅から江ノ島電鉄に一日乗車券の「のりおりくん」を買って乗った。

鎌倉に向かう途中、前回見そびれた「長谷寺」というお寺に寄った。ここには昨年国宝に指定された本堂をはじめ、いろいろと重要な文化財があるお寺なのだが、やはりいちばんは高さ10mの「本尊十一面観音菩薩立像」だった。日本最大の木造の観音様とのことだが、目の前にすると本当に大きくて圧倒された。鎌倉に行く予定のある方には、鎌倉大仏と合わせてぜひこの長谷寺にも足を運ぶことをお勧めする。ここは庭園も美しい。丘の上にあるお寺なので、晴れた日に境内から見える海もさぞかしきれいだろう。この日は雲がかっていて残念だった。
hasedera_keidais.jpg長谷寺の境内

花見の目的地は鶴岡八幡宮であった。このお宮の前の「段葛(だんかずら)」と呼ばれる500mほどの歩道は、両側を300本のソメイヨシノに囲まれていて、満開の時期には延々と続く桜の回廊を楽しめるとのことだった。私が着いたのは暗くなってからだったが、堤燈に照らされた夜桜は評判どおりなかなかのもので、桜のトンネルを歩いているようだった。惜しむらくは人が多すぎて足を止めることもできなかったことか。しかしこれだけ桜がきれいならば致し方もない。下の写真ではうまく伝わらないがホンモノはもっときれいです。
dankazuras.jpg鶴岡八幡宮前の段葛

やはり鎌倉はよい。
 

Trackback

URL :
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

 

Comment


    
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。